タイトルでもう全部言っておりますが。

---

NECのAterm WG1800HP2を買いまして。

機能一覧をいろいろ見ていると、「IPv6トンネル対応アダプタ機能を搭載、IPv6 PPPoEに対応」とのことなので、「じゃあ、これでDTIのIPv6オプションを申し込んだら使えるんじゃないか?」と思い、さっそくMyDTIから申し込んでトライ。

余談ですがこのオプション、なんか「場合によっては初期費用が2000円かかります」って書いてますが、下記の詳細ページにはそんなこと書いてなかったので、無料で使えると信じたい(まだ請求書が出てない)。
http://dream.jp/ftth/option/ipv6/service.html
→無料でした(請求明細にて確認)。

---

が、設定を有効にし、Atermの設定からIPv6用の接続ID/パスワードを入れてみても繋がらない。

Atermの設定画面を見ると「IPv6インターネット未接続(PPPoEv6相手無応答)」との表示。
「通信情報ログ」には以下のような表示。

2015-01-14 21:39:16 pppoe - 3.war: no response from ac, DTI(IPv6)

---

はて一体なぜだろう、NEC側で動作確認したISPはOCNとSo-netとIIJだけだと言うし、ということはDTIは対応していないのか?

でも「IPv6 PPPoEで繋げられます」ってDTIのサイトにもフレッツのサイトにも載ってるしなあ……と思って悩んでたんですが、タイトル通りセッション数の問題でした。

フレッツ光ネクストで繋げられるPPPoEセッション数は標準で2セッションなので、「DTIへのセッション」と「フレッツ・サービス情報サイト(IPv4)へのセッション」で2つとも埋まってしまっていた。というだけの話でしたね。

なまじっか、Atermを初期設定したときに「サービス情報サイト(IPv4)へ繋ぐ設定も入れとく~?」なんて促してくるもんだから「じゃあお願いしちゃおっかナ☆」なんつって安請け合いした結果がこれ。

設定ウィザードに流されたとはいえ、手前で設定した内容ぐらい把握しておけ自分、あとセッション数制限も覚えておけ自分、といったところ。
なんとなく「IPv6とIPv4はセッション数が別カウントなのかな」って思い込んでいたフシがある。全然そんなことなかったです。

---

以前はIPv4 を IPv6 より優先にする - MURA's Home Pageあたりを見て、IPv4優先の設定にしてたんですが、これを機にデフォルトのIPv6優先に戻してみました。
ちょっと触った感じ、特に問題なくネットも見られそう。

ただ、Atermのデフォルト設定ではICMPv6をフィルタして通さない設定になっていました。
IPv6を使うならフィルタしちゃダメ、なんて話もあるので、フィルタ解除しておいた方がよさそう。

「接続先設定」の「高度な設定を表示」を押すと出てくる「IPv6PING応答機能」を「使用する」とし、設定して保存。
ipv6-test.comを見てみると、「ICMP」の欄が「Filtered」ではなく「Reachable」になりました。
ipv6test
とりあえず、今できることはこんなもんかな。